アパレルB社様

自社で施工、パッケージソフトを活用し誰でも簡単な作業に

  • 取扱品目:アパレル
  • 業界:3PL
  • 課題:ポカミス防止
  • 作業方法:摘み取り種まき

課題背景

  • SKU毎仕分けリストの読み上げ員、仕分け作業員の2名が必ず作業に必要だった。
  • 類似した商品が多く、区別がつきにくいため仕分けミスが起こっていた。
  • 摘み取り式、種まき式と物量に応じて作業形式を変えており、変化に耐える仕組みが必要。

導入効果

安価で融通の利くパッケージソフトで作業改善

〈運用の変化〉

  1. 従来、読み手と作業者の必ず2名必要だった作業を、店舗やSKUラベルを読み取るだけで、仕分け先、ピッキング品と数量が視覚的に判断できる様になり、読み手が不要となった。

〈システム活用〉

  1. パッケージソフトのシステム面を活用し、物量や得意先、作業人数に応じてDPS/DASに切り替えを行い、変化に強い運用が可能となった。

〈施工コスト〉

  1. 物流センター社員で施工を行い、施工費用を削減した。

ソリューション内容

パッケージ「部品の達人」使いこなし型

パッケージソフトは、出荷データのどの列を使用するか指定することができます。作業開始時に指定を変えることで、SKU単位のDPSと店舗単位のDASの2つの作業方法を使い分けています。
施工指導を実施し、お客様で施工されました。