量販店系の通販A社様

ポカヨケゲート表示器を使った通販センター(EC)での正確な仕分け(種まき)システム

  • 取扱品目:雑貨
  • 業界:Eコマース
  • 課題:ポカミス防止
  • 作業方法:種まき

課題背景

  • 個人向けのため仕分けミスを限りなく0にする必要があった。
  • 取扱う商品が10,000を超え、それらの大きさ、重さ、注文数がまちまちなため、柔軟に対応できるシステムが必要だった。

導入効果

  1. 1オーダー当たりのアイテム種数、サイズ、出荷頻度などの情報より、ポカヨケゲート表示器での仕分け(種まき)システムか、HHTでのオーダーピッキング(摘み取り)かをAIで判断した。これにより高い生産性を実現した。
  2. ポカヨケゲート表示器を使うことで仕分け(種まき)ミスを防止するだけでなく、誰にでもできる仕分け(種まき)作業が可能になった。ゲートは奥方向に開くため、表示している数量が隠れることもなく、ボタン押下で閉じる事ができる。

ソリューション内容

ポカヨケゲート表示器での仕分け(種まき)作業

  1. HHTでトータルピッキングされた商品が入ったオリコンが到着する。

準備

  1. PCでバッチを選択、オリコンのバーコードをスキャンし、間口を出荷先に割り付ける。

作業開始

  1. オリコン内の商品のJANをスキャンすると、投入間口のポカヨケゲートが奥に開く。
  2. 開いた間口へ商品を投入。
  3. ポカヨケゲート表示器のボタンを押下すると、ポカヨケゲートが閉じます。

繰り返し

  1. 間口が完了すると、ポカヨケゲート表示器に「END」と表示される。
  2. ポカヨケゲート表示器を押下すると、送り状と内容明細が印刷される。
  3. 送り状バーコードをスキャンすると、該当間口のポカヨケゲートが奥に開く。
  4. 開いた間口へ送り状を投入し、オリコンをラックの奥へ押し出す。
  5. ポカヨケゲート表示器のボタンを押下し、ポカヨケゲートを閉じる。