電子機器製造業様

検査チェックリストを紙からタブレットに電子化すると共に、現物を識別するための現品票としてスマートカードを採用

課題背景

  • 紙の使用量が膨大で環境負荷が大きかった。
  • 紙情報からのデータ手入力、紙の保管の手間がかかっていた。

導入効果

一切の紙が不要となり環境負荷減

  1. 紙のチェックリストを電子化することで、印刷、必要ページを探す手間、電子化するための事後の手入力、一定期間の保管、などの手間が低減。
  2. 一切の紙が不要となり環境負荷減(20枚×400台=8000枚/日※フル稼働時)。何度でも書き換えできるので使い回し。
  3. スマートカード取り付け用のケースにより、着脱が容易。
  4. 次工程を大きく表示することで、滞留品の状態が一目でわかる。工程ごとに表示切替で分かりやすい。

ソリューション内容

検査チェックリストをタブレット、現品票をスマートカードにしました

  • 現在の作業工程と次工程をスマートカードに表示する。
  • 完了した工程の記録を、工程ごとに大容量メモリ(16KB)に保存する。
  • 最終検査工程では読み込むだけの自動化も実現。

この事例の製品