食品B社様

ピッキング作業と検品作業を同時に実施

  • 取扱品目:食品
  • 業界:3PL
  • 課題:スペースの有効活用
  • 作業方法:摘み取り

課題背景

  • 小売への出荷を行っているため、日々の物量が膨大である。
  • 作業者の入れ替わりに左右されないピッキングの精度が課題となっていた。
  • ピッキング後には別途検品作業が必須であり、時間を要していた。

導入効果

ピッキングと検品作業を同時実施することで省スペースの実現

  1. DPS(デジタルピッキングシステム)の導入による生産性の向上
  2. 初心者でも容易に理解ができる作業内容の実現
  3. 検品システムの導入による精度の向上
  4. ピッキングと検品作業を同時実施することで省スペースの実現

ソリューション内容

DPSと検品システムの組み合わせ

DPSラインと同じラインに検品システムを構築しました。同じラインに検品システムがあることで、万が一ピッキングミスが発生した際も最小限の時間で修正作業を行うことができます。また、1人の作業者がピッキングから検品までの作業を一貫して実施するため、人件費等コストの削減にもつながっています。

この事例の製品