ケイヒン配送株式会社様

物流分析によるコンベヤを生かしたリレーピッキングシステム

  • 取扱品目:雑貨
  • 業界:Eコマース
  • 課題:処理件数が膨大
  • 作業方法:摘み取り

課題背景

  • 多数オーダーのピッキングに対応する必要があった。(約6,000件/日)
  • アイテムのヒット率より物流分析を行い、A品、B品、C品の見える化で効率の良い作業提案が求められた。

導入効果

ピッキング作業効率と在庫精度が向上

  1. 生産性の向上、約7,000件/日の処理(繁忙期生産性)が実現。
  2. ヒット率が高いアイテム(A品)は、コンベヤを2ライン使用し2オーダー同時のピッキング作業が可能になり、作業スピードが上がりました。
  3. 最終コンベヤを、BC品(ヒット率の低いアイテム)ライン/検品ラインへと分岐させ、ピッキング完了したオーダーはBC品を通らず検品ラインへ流すことが可能となり、作業効率化が上がりました。

ソリューション内容

コンベヤとDPSの組み合わせ

ヒット率が高いアイテム(A品)は全く同じ配置のフローラックとコンベヤを2ライン、ヒット率の低いアイテム(BC品)は中量ラックとコンベヤで構成した、フリーコンベアと連動したDPSです。

この事例の製品