新日本カレンダー株式会社様

DPS+ピースソーターを組み合わせ50シュート数で1バッチ最大186ユーザーの仕分けを実現!

  • 取扱品目:雑貨
  • 業界:Eコマース
  • 課題:作業者の負担軽減
  • 作業方法:種まき摘み取り

課題背景

  • 年々作業者の確保が厳しい状況になっていく中、省人化に効果があるシステムを構築したい。
  • これまでシンプルなDASで仕分けを行っていたが、作業生産性ならびに仕分け精度を向上させたい。
  • 歩行動線を少なくすることで、作業者の負担を軽減させたい。

導入効果

格段に仕分け精度が向上

  1. DPSとピースソーターを組み合わせる事により、チラシもピースソーターで仕分ける事が可能となり、人手作業よりも格段に仕分け精度が向上した。仕分けは単純な商品スキャン後、ベルトコンベヤに投入するだけなので、簡単な教育を行うだけで誰でもすぐ仕分けができる。

ソリューション内容

DAS・DPS+ピースソーターの組み合わせ

小物商品はピースソーターを導入。チラシピッキングをDPS化する事により、ピースソーターと連携した。 シュート部にストッパーを設置し、1シュート2間口の割り付を行い、仕分け済シュートを梱包して空シュートにする事により1バッチ最大186ユーザーの仕分けが可能となるシステムを構築しました。大物・異形物は複数人が同時に仕分けが出来るマルチDASを導入。