ニュース

ニュース

【新製品】3D プロジェクションピッキングシステムを発表

プロジェクションマッピング技術と3Dセンサ技術を駆使し開発したピッキング支援システム

ピッキングや仕分け作業を効率化するロジスティクスシステムの開発・製造・販売を行う株式会社アイオイ・システム(本社:東京都大田区 代表取締役社長 多田潔)は、映像投影による次世代のピッキング・仕分け作業の開拓を進め、この度プロジェクションマッピング技術と3Dセンサ技術を駆使し開発した「3D‐プロジェクションピッキングシステム(PPS)」(以下3D-PPS)を発表します。2022年3月より発売、リリース開始は7月予定です。3D-PPSにより製造業・物流業におけるピッキング・仕分け作業の活用シーンが広がります。2Dでは対応できない新しい分野へ展開ができ、センサ認識技術でポカミス防止を行う事で新しいピッキング支援システムとして、市場の拡大に貢献するものと考えています。

【3D-プロジェクションピッキングシステム(PPS)主な特長】

2Dでは対応できないことを3Dセンサの活用で課題を解決!奥行きを表す深度も測れる最新式のピッキングシステム

✓究極のシンプル構造

従来、検知したい対象物に複数のセンサやカメラ設置の必要があったが

3Dセンサは上部1カ所に設置するだけのシンプル構造。

✓初期設定・メンテナンスが簡単

深度を測定できることから、対象物との距離の計測が自動で可能。

複雑な設定もなくメンテナンスも簡単。

✓高いフレキシブル性を発揮

2Dと比較し3Dで処理することで、より高精度で解析でき細かい設定が可能。

棚や平置き問わずで使用ができ、傾斜のある投入先でもポカヨケ設定が可能。

<こんな現場にオススメ>

・ポカヨケ対策に複雑なシステムを組んでいる 

・荷姿、保管形態が統一されていない現場

・マテハン設備と組み合わせ、より作業効率を上げた仕組みを構築したい 

 

                 

×