シャッターアソートシステム SAS

SAS(シャッターアソートシステム)は最新型のシャッター付き表示器(ポカヨケゲート表示器)を活用し、仕分けミスを限りなく“ゼロ”に近づけることができ、種まき・摘み取りどちらでも対応可能な小口仕分けシステムです。精度向上、効率向上、教育コスト削減、行程の数値化を実現できます。

  • eコマース等の仕分けミスが許されない現場
  • FA現場で重要保安部品等を管理、仕分けしておりミスが許されない現場
  • 医薬品を扱う現場
  • 荷主・売主・ユーザーの要求精度が高い
  • 検品レスで業務効率を改善したい
  • 作業者にとって視覚的に作業がしやすい画期的なシステムを探している

このような現場のお悩みを、SASは解決します。
使い方はとってもシンプル。対象のバーコードをスキャンし、開いたところに指示数の商品を投入、投入完了ボタンでシャッターが閉まります。トレーニングに時間を費やすことなく、導入後すぐにお使いいただけます。eコマースや店舗仕分けにも最適なシステムです。

SAS(シャッターアソートシステム)の主な特長

  • 仕分け機能
    対象のバーコードをスキャンすると、仕分け間口の表示器が点灯しシャッターが開きます。PC画面の進捗バー表示で、作業の進捗状況をリアルタイムに把握することが可能です。
  • 間口割付機能
    取り込んだ作業指示データを間口毎のアイテム数でソートし、アイテム数の多い間口を手前に割り付けます。割付結果は出荷先一覧画面にて確認可能です。作業者の動線が短縮でき作業性アップにつながります。
  • 作業実績出力(CSVエクスポート)
    作業実績データをCSVファイルで出力します。 データ内容は作業指示CSVファイルの末尾に実績データを付加したものです。
  • 再表示機能(迷子探し)
    仕分け作業中、完了間口を再表示する機能です。 システム上の状況と実際の状況に食い違いが発生した場合に、間違い箇所をすぐに解決できます。
  • 作業データ閲覧機能
    出荷先別、アイテム別、作業状態別(未完了・完了)での作業データの閲覧が可能です。

SAS(シャッターアソートシステム)は、パッケージを利用したシステム提供が可能です。
仕分け作業に必要な機能が標準機能として組み込まれているため、リードタイムを短く簡単に現場導入することが可能です。

さまざまな環境に応じた最適なシステム構成、カスタマイズのご提供も行っております。

機器構成

ポカヨケゲート表示器の特長

シャッターでポカミスを激減

種まき・摘み取り両方に対応可能です。誤出荷激減、精度の向上が見込めます。奥開きタイプもあります。

用途に合わせて詳細な設定が可能

角度、速度、遮断時間など設定可能。作業内容に合わせて簡単に調整ができます。

  • 角度:270度まで設定可能、また手動でも設定できるので現場合わせが可能
  • 速度:3段階の調整が可能
  • 遮断時間:0.1秒単位で設定可能

ボタン領域が広くて押しやすい設計

押しボタン領域が広く操作が簡単。3桁表示可能な数字は見やすいLEDを採用しています。

省配線で取り付けが簡単

コネクタが不要で施工やメンテナンスが簡単です。ダクト・フラット・パイプ各種ベースの取り付けが選択可能です

スマートフォンやHHT(ハンディターミナル)で各種設定ができる最新機能を搭載

NFC通信でアドレス設定や角度等の各種設定が可能です。表示器が通電していない状態でも設定が可能です。

安全に配慮した設計

作業者がぶつかった時でも脱力機能が働き安全です。通常シャッター部分は開かないようロックがかかっていますが、ワンタッチで解除ができ、オリコンの取り出しなども簡単にできます。

お客様のさまざまな環境とご要望に応じたシャッターアソートシステム(SAS)をご提案致します。パッケージソフトはもちろん、カスタマイズのご提供も行っております。