デジタルピッキングの進化 - デジタルピッキングとは

共に進化するデジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム Digital Picking System:DPS は、主として商品や部品のピッキング指示システムに利用される意味の和製英語になります。米国ではすでに1970年代に同様のシステムが利用されており、正式名称はピックトゥライトシステム Pick To Light System:PTL と呼ばれて実用化されています。

DPSと同様の方式で部品の払い出しでも、ランプとスイッチをシーケンサー(Programmable LogicController:PLC)に接続して部品払い出しを支援していたシステムが1960年代に国内の某自動車メーカーでランプガイドシステムとして利用されていました。

DPSは当初は在庫型物流センターDCで商品のアイテム数と出荷先件数が多い量販店向けのオーダー別ピッキングシステムなどに採用されていました。また製造工程での部品の払い出しシステムとしても採用されていました。 

 一方、商品や部品のピッキングや払い出し作業(ピッキング)だけでなく、商品のオーダー別仕分け作業(アソーティング)作業でも採用され、特に通過型物流センターTCでは、ベンダーから商品が入荷次第に仕分ける作業に威力を発揮しました。

アソーティングに採用されるシステムは、和製英語ではデジタルアソーティングシステム Digital Assorting System:DAS 、欧米ではプットトゥライトシステム Put To Light System:PTL と呼ばれています。従来、出荷指示リスト(ピッキングリストや仕分けリスト)を手に持って読んで作業するリスト方式に比べて、それぞれ平均して2倍以上の生産性と10倍以上の精度が実現できるとして、いずれも物流作業の効率を大幅に向上できる手段として高く評価されています。

作業ミスを防止

人の作業の生産性では、DPSやDASの優位性が示されているが、人間作業系でミスを防止するには作業スピードを落とすことになります。作業スピードを維持してミスをなくすために、

  • ピッキングしながらPOS検品するピックアンドチェックシステム
  • 作業者の手の位置を検知して間口の間違えをチェックするポカヨケスクリーン
  • 間口個々の表示器にゲートを備えて作業ミスを防止するポカヨケゲート
  • 仕分け棚の間口個々に重量検品装置を設置してネットワークで連携することで、仕分けしながら重量検品するウェイトアソートシステム

 

と商品や部品の属性と物流の諸特性に応じて投資効果に配慮したシステムを選択していただけるよう、さまざまなソリューションでお客様のニーズに対応しています。

ぽかよけスクリーン

ぽかよけスクリーン

ぽかよけゲート

重量検品

省電力化へのアプローチ

ePモジュール

環境保全と省エネへの観点から、家電製品のみならず電気・電子機器の省電力化が進められています。また、表示媒体としての使い捨てになる紙の消費を削減すべく、電子ブックなどの製品がネットワーク技術の進化と相俟って脚光を浴びています。
消費電力の低減に向けて、従来使用してきたLED表示器JWシリーズ、他に代えて、電子ペーパー表示器ePモジュール を開発しました。その結果、消費電力の大幅な低減と合わせて、表現力が向上し、数字や文字以外にバーコードや画像なども表示できるようになり、デジタルピッキングシステム以外に様々な用途にも活用の道が開かれています。

商品棚や仕分け棚のロケーションの変更に合わせて表示を書き換えることで、棚番ラベル、商品ラベル、出荷先ラベルなど、従来は必要の都度、紙に印刷して棚などに貼付していたラベルが要らなくなり、ここでも使い捨てではなく、ペーパーレスでスマートな表示システムが実現しました。

フリーロケーションとモバイルへの挑戦

NWシリーズ

表示器のフリーロケーションとモバイルのニーズに応えて、無線通信方式の表示器システムも開発しています。従来の7セグLED表示では消費電力の問題で、毎日のように充電せざるを得ないことがネックになっていましたが、いち早く電子ペーパーを採用した省電力型表示器を開発していた結果、単三電池3本のフル充電で約1ヵ月使い続けることができる無線表示器NWシリーズを実現することに成功しました。

無線表示器はフリーロケーションでの利用はもとより、移動しながら作業指示が提示できるというモバイルシステムとしても利用の道を広げることになりました。作業生産性と精度向上のために進めてきたペーパーレスが、結果としてプリンターレスにもつながり、省資源・省エネがキーテーマとなっている今日的ニーズにも対応できるという一石二鳥の技術を実現しました。

製造と物流を司るお客様からのニーズと現場のニーズに対応し、デジタルピッキングシステムのみならず、作業支援システムの進化をアイオイ・システムは今後も進めていきます。