医療機器メーカーE社様

複雑化するA・B・C品仕分けを誰でも簡単に!作業効率17%アップ、作業人員の削減も実現。

  • 取扱品目:医薬
  • 業界:自社倉庫
  • 課題:作業者の負担軽減スピードアップ
  • 作業方法:摘み取り種まき

課題背景

  • 出庫業務において、誰でも運用できるスマートな仕組みを構築する必要があった。
  • 出庫業務において、作業人員の削減に繋がるシステムを導入する必要があった。

導入効果

  1. 製品のヒット率の物流分析を行い、A品、B品、C品に保管エリアを分け、コンベアを使用して作業することで歩行同線が短縮し、従来より作業効率が17%アップした。
  2. 表示器の指示に従い作業を行うシンプルな仕組みな為、作業者に優しく、誰でも簡単にできる仕分けシステムが実現できた。
  3. 作業人員の削減に成功した(3人から2.5人)。

ソリューション内容

コンベアを組み合わせて歩行動線の短縮を実現したDPS

  • 高頻度出荷品(A品)はコンベヤを中心にフローラックを配置、低頻度出荷品(BC品)は中量ラックとコンベヤで構成。作業動線を確保し、現場作業の負担軽減と作業品質の向上をもたらすDPSシステムです。